肩こりは揉んだらいけませんよ!!

肩こり

とにかく日本人は肩こりさんです。しょっちゅう揉んだり叩いたり、どうせいつもの事だからと何もしなかったり、湿布を貼るとスーッとして気持ちいいから自然に手が伸びて気がついたら貼っていたなんて事があります。

みんなその場しのぎで耐えてますが・・・・

何をやったところで肩こりなんか無くなる理由がないし、整体やマッサージ行ってもその場しか良くならないから意味ないし・・・。

大方の肩こりに対する考えはこんなところかと思います。結構そのとおりな事もあるので、一概に否定は出来ないかと思います。整体屋やってる私が言うのもなんですが、そう、ほとんどがその場しのぎなんですよね。では根本的に肩こりを改善することは出来ないのか?

答えは出来ます!!但しやり方や考え方によってという事になりますが。正しい認識とケア方法がわかって、それらを実践できればというオマケ付きではあります。

肩こりと姿勢って関係あるの?

肩こりを改善するには姿勢を良くしましょう!って、結構言われていると思います。でも結論から言うと、姿勢そのものはあまり関係が無いと思ってます。筋肉が柔軟であれば、姿勢が悪くても十分機能します。私今猫背でこのブログ書いてますが、一向に肩こりを感じていません。姿勢を丸くしていると、筋肉はリラックスしていますので、長時間PC作業をしてもあまり疲れることがありません。

デスクワークの場合、いい姿勢よりも目線の位置や椅子の高さで変わります

これは私のこだわりでもありますが、PC作業はデスクトップ型のPCを使うようにしています。なぜなら目線の高さと画面がほぼ真っすぐなので、首や肩に負担が掛かりにくい事があります。あとは椅子の高さを調節して目線の位置を微調整すればOK!

腕の位置も90度で机に自然に置いている状態なので、常にリラックス出来ています。椅子の座り方も深く座り、背もたれに背中を付けています。その際に骨盤は立てていません。その理由を今から説明します。

椅子は浅く座ってはダメ!余計に疲れますよ

椅子に浅く腰掛けて骨盤を立てていい姿勢で座りましょう!って言われていた時期がありました。みんな人前ではいわゆる「良い姿勢」で座っていたと思います。実際に座っていてどうでしたか?

  • 長時間続かない
  • 腰や背中が痛くなってしまった
  • 身体が緊張してしまいストレスがかかる
  • 目線とPCの画面の位置が合わずに首が疲れる

といった弊害が起きてしまっています。実際に私もクライアント様に、「骨盤を立てる姿勢が良いんですよ」ってアドバイスしていた事がありました。まだそれが常識みたいな所がありました。でも、クライアアント様に聞いてみると、「長い時間は無理」「余計に背中が痛くなった」「疲れるから続かない」というお声をちょうだいする事がありました。

そこで、姿勢について色々調べていくうちに、良い姿勢の弊害に気づいた次第です。

疲れにくい座り方とは?

深く座り背もたれに背中を付けます。

背中は丸まっていても大丈夫です。腕も自然に曲がりデスクに付いている状態でOK。

座っているときの骨盤は後傾でOK

骨盤が後傾の方がいい理由をこれから説明します。まず、骨盤が前傾、あるいは立てている状態ですと、座面を2点で支持していることになります。支持している部分は左右の坐骨の2点だけです。

一方、後傾で座った場合は、左右の坐骨、仙骨の3点で支持することが出来ます。2点と3点どちらが安定するかおわかりですよね。更に椅子に深く腰掛け、背もたれに背中を付ければより安定する事がおわかりかと思います。

骨盤が安定しなければ、下肢や腰を始め、全身を緊張させないと姿勢を維持することが出来ないので、余計なエネルギーを使い、体力的にも疲れやすくなります。骨盤が安定すれば他の部位への負担も軽減されますので、長時間作業しても疲れ方が違ってくるということになります。

注意すべきは頭が前傾し過ぎ無い事!

背中は丸まっていても特に問題は無く、呼吸をしている時に、脊柱や胸郭が連動して動いていれば問題ありません。呼吸についても後に説明していかなければなりませんが、腹式呼吸は、意外と酸素を吸う量が少ないので、それよりも腹腔を潰して呼吸をしていくほうがより深く酸素を取り入れる事が出来るので、後者をオススメします。呼吸についてはまた後日ブログで説明していきます。

頭を前傾し過ぎたままだと、首や背中、腰から下肢に至るまで神経の伝達が悪くなりますし、首そのものを傷めてしまうので、注意して下さい。

頭の重さは5kg前後ありますし、本来首の上にバランスよく乗っているからこそバランスが保たれているのに、頭が前に出て下がったらどうなるか?ちょっと考えればわかることです。

細い首が悲鳴を上げてしまいますし、頚椎から腰椎までつながっていますので、全身に影響してしまうことは想像に難しくないと思います。

まず頭を後ろに引こう!

頭を後ろに引き、顎も引いていくことで、首や肩への負担はかなり軽減出来ますが、もし頭を動かすことが出来なければ、ストレートネックが慢性化していますので、そうなったら調整が必要になります。調整の仕方はいくつかありますが、首のセンサー部分に軽く刺激を与えるだけであっという間にバランスと動きを変える事が可能です。

これは検査をすればわかることで、ストレートネックの場合、仰向けで寝た状態で術者が首を持ち上げたら、その持ち上げた首を下に押し返すといった検査をします。その時に、ストレートネックの人は、押し返す力がありません。これは首のバランスが前方に行き過ぎているためです。

あるポイントにふれるだけ

これだけで首のバランスが変わり、力が入るようになります。

まとめ 良い姿勢と肩こりは直接関係ない

肩こりを意識するのであれば、良い姿勢よりも常に身体の力を抜いて、余計な負担が掛からない事を意識しましょう。1時間に1回ぐらいは肩甲骨を動かすとか、軽くストレッチしてみるとか、適度にリセットしましょう。それが自然に出来るようになれば、肩こりも怖くないと思います。

施術だけではなくセルフケア指導が出来る整体院を選んでください

肩こりを揉むことだって、叩くことだって、押すことだって間違ってはいませんし、実際に気持ちいいですからね。施術法はいくつもあり、そのどれもが有効です。ただ、身体の使い方やケア方法を知らない事が一番の問題だと思います。ストレッチや関節を回しましょうなどはよくあるパターンのセルフケアですが、それだけでは十分ではなく、無理やり伸ばしてしまって余計に痛くなったなんて事もあります。関節の動きなども考慮していく必要があるので、専門的なアドバイスが出来る整体院を選んで下さい。

春日部市の首肩専門整体院がお手伝いいたします

長年慢性的な肩こりでお悩みの方に対して、春日部市の整体院Total Body Cure癒か里が、軽快にしていくように導いていきます。施術のみならず、普段できるセルフケアや姿勢などのアドバイスを、その方に合わせて対応させて頂きます。肩こりは慢性的なのは仕方が無いと諦める前に、一度ご相談頂けましたら幸いです。

肩こりや首こり以外のご相談もお気軽にどうぞ。

お問い合わせは下のフォームに入力の上送信して下さい。内容を確認しご連絡差し上げます。

    トータルボディーケアゆかり
    【住所】〒344-0011春日部市藤塚2375-2セリーンライフ102号
    【営業】10:00~20:00(最終受付19:00)
    【休み】毎週火曜日 

    料金&メニュー
    当院までの地図
    お客様の声
    初めての方へ
    よくある質問
    院長プロフィール

    ご予約は今すぐこちらから
    ※スマホの方は電話番号をタップしてください

    048-797-8968

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました