古武術に学ぶ動ける姿勢について

姿勢

まず最初に、あなたは正しい姿勢がわかりますか?

「しっかり背筋を伸ばして立ちましょう」と多くの人は言われていると思います。踵をしっかりつけて胸を張って、背筋を伸ばした姿勢です。

しかしながらこの良い姿勢では素早く対応することが出来ません。

背骨の積み上げをイメージして、積み木をするように背骨を一つずつ積み上げていく感じで、背骨から頭までを起こしていくと、足から体感、頭まで全部つながったイメージとなります。

通常の気を付けの状態ではすぐにぐらついてしまいますが、背骨の積み上げをすると、体幹から足まで力が伝わり、全身で対応出来るようになります。

古武術でカラダがみるみる蘇る もっと動ける!もっと走れる! 身体操作の基本

高橋佳三監修

有名なプロ野球投手も古武術の身体の使い方を取り入れています

かつてGIANTSのエースだった桑田真澄さんは、投球フォームや牽制球を投げる際に、古武術の身体の使い方を学び、実践に活かしていました。全く力みがないにも関わらず、投げるボールのキレは素晴らしいものがあり、現役を退いた後でもイベントなどでスピートがあるいいボールを投げているのをご覧になったことがあると思います。

今の人達は身体の使い方がおかしくなっていて、姿勢を始め重心のとり方やバランスのとり方もおかしく、怪我をしやすくなっています。

足の重心のとり方から見直そう

ある程度年齢が進んでくると、膝のトラブルが増えてきますが、これも足の重心の掛け方がおかしくなっていることが原因の一つになっています。

あなたは足の親指と小指どちらに力を入れて歩いたりしていますか?

膝にトラブルを抱えている人の多くは親指に重心がかかっています。本来は小指に重心が掛かっていたほうが力が入り、姿勢も安定します。

足の親指に力が入ると膝が内側に向き、お尻が下に落ちやすく、身体の前進を止めるような動きになります。力のベクトルは下なので、地面に膝から落ちる感じになり不安定になります。

親指に力が入るとブレーキが掛かる

親指に力が入っていると、常にブレーキを掛けながら進もうとしているので、楽に歩くことが出来ません。逆に小指に重心が掛かっていると、膝が自然に外に向くため、力が前に働きます。自然に前に向くので歩くのが楽になります。ですが、スポーツの分野では親指を意識するといった指導が多く、それでは本来のパフォーマンスが出来ないでしょう。

小指から着いて最後に親指で地面をけるといったほうが、無理なく脚を前にすすめる事が出来ます。

古武術の動きは日本人にとってやさしい動きです

本来日本人は体格も小さいので、外人のようにパワーだけで労働や作業をする事が苦手でした。ですが小さくても最大限に効率よく力を発揮できる身体の使い方を身に付けていました。それが冒頭に書いた骨を積み上げるという事と繋がります。

日本人の背骨はあまりカーブが無く、骨盤が後傾な傾向があります。その体型を活かして効率が良い身体の使い方をしていましたが、現在はほとんどの生活様式やスポーツに至るまで欧米化が進み、日本人も例外なくそのような生活様式になっています。

筋力も骨格も欧米人とは違うので同じにはいかない

特にスポーツに於いては、近年ようやく欧米人と比較しても劣らない成績を出せるようになってきましたが、その代償は大きく現役を終わる頃には身体はボロボロ状態です。一方で欧米人は現役を終えても長く楽しみながら競技を続けたりしている人が多いです。これは完全に体格差によるものだと考えていいと思います。欧米人の骨格は脊柱のカーブがしっかりあり、骨盤が前傾しています。骨盤が前傾していると上半身にパワーが無いとバランスが取れません。なので欧米人は自然に筋肉が付き、パワフルに動くことが出来るのです。

日本人独自のやさしい動きを見直そう

確かに世界に勝つには欧米人並みの筋力や体格を必要とし、今の人達は体格も良くて段々と互角に戦えるようになりました。でも一般の日本人はそうはいきません。せめて日常の動作や仕草は日本人らしく本来できていた動きを見直してみてはいかがでしょうか?

脚を前に大きく出して歩かずに、膝を上げて歩くなど身体に負担が掛からない歩き方や、小さな子どもは抱っこではなくおんぶで背負ったほうが身体への負担は少ないです。今は子供を前で抱っこしていますが、あれは骨格がしっかりしている欧米人だから出来ることで、日本人の場合、産後のお母さんたちが腰を痛める原因にもなっています。

別におんぶが恥ずかしいことではなく、ただみんながやっているからといった理由でしたら、間違いなくおんぶすることをお勧めします。

まとめ

現在のいい姿勢が日本人にとって良いとは限らない。

足の重心の掛け方を見直そう。親指ではなく小指です。

優しい動きを見直そう

以上今回は姿勢について書いてみました。

身体に関するご質問など、お気軽にお問い合わせ下さい。

    トータルボディーケアゆかり
    【住所】〒344-0011春日部市藤塚2375-2セリーンライフ102号
    【営業】10:00~20:00(最終受付19:00)
    【休み】毎週火曜日 

    料金&メニュー
    当院までの地図
    お客様の声
    初めての方へ
    よくある質問
    院長プロフィール

    ご予約は今すぐこちらから
    ※スマホの方は電話番号をタップしてください

    048-797-8968

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました